宮下薬局ホームページ:岐阜県岐阜市六条南1-17-17

〒500-8358 岐阜県岐阜市六条南1-17-17
電話:058-268-1118

健康情報

健康のお役立ち情報
健康のお役立ち情報
「花粉症」対策!
「花粉症」対策!「花粉症」は、誰にでも起こりうる病気です。患者数は日本人の6人に1人、2000万人ともいわれています。つらい症状を少しでも軽くするには花粉の飛散が始まる前に対策をとる事が重要です。
早めの対策をとってスッキリとした季節を過ごしましょう。

◆花粉症とは
アレルギー性鼻炎の一種で、体内に侵入した花粉に体が過剰に反応する病気です。
代表的な症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、そのほかに口の渇きがあります。困った症状で最も多いのは鼻づまりです。花粉症は20代〜30代での発症が多いのですが、最近は子供やお年寄りにも増えています。

◆花粉症の症状を軽くするためには?
花粉症はアレルギー性鼻炎の一種でその症状緩和にはよいOTC薬もありますのでお店で相談しましょう。薬によっては、花粉の飛ぶ2週間前から服用するとより効果的だといわれています。

◆花粉症にはヨーグルトがよい?
花粉症を初めとするアレルギー症状の緩和に効果があると期待されているのがヨーグルトです。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は免疫調整力をもつとされており近年注目されています。
また、花粉症の人は健常人に比べて腸内の乳酸菌・ビフィズス菌が少ないという報告も出ています。とり続けることで実際に症状が和らいだ人もいますので一度試してみるのもよいと思います。
摂取目安は1日ヨーグルト2カップ分(約200g)です。

◆自分でできる対策
@花粉を避けましょう。
外出を控える、外から帰ったら玄関で花粉を払う、メガネ・マスクの利用、花粉情報をキャッチするなどしましょう。
◆主な花粉情報◆
花粉情報サイト : 環境省が発表。花粉予測システム(愛称 : はなこさん)や花粉症の保健指導マニュアルなどを載せています。
日本気象協会 : 花粉の飛散量・開始時期の予測を地域ごとに載せています。

A鼻粘膜を強くしましょう。
鼻の粘膜が過敏になると症状が悪化しますので、粘膜を強くするビタミンB2、B6が豊富に含まれているレバーや卵をとりましょう。カルシウムも粘膜を丈夫にする作用が期待できます。

B食品を利用しましょう。
食品は花粉の飛び始める1〜2ヶ月前からとりはじめると、アレルギーの症状緩和に役立つとされています。食品を利用して体質改善をはかるのもお勧めです。
食品・・・ヨーグルト、甜茶、赤シソ、緑茶、バラ花びらなど
かぜの季節の対策法
かぜの季節の対策法よく経験するかぜとは、正式には「かぜ症候群」といい、呼吸器の急性炎症疾患の総称です。
主な症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、痰などで鼻からのど、気管支にかけての炎症による呼吸器症状です。これに加えて、発熱、頭痛、関節痛、全身倦怠感の全身症状や、ときに下痢、嘔気、嘔吐、食欲不振などの消化器症状を伴うなどさまざまな症状を起こします。


原因は、約90%はウイルスで、インフルエンザウイルスを含み、200種類以上にも及び、大人では年5〜6回ほどかかるとされています。
また、なかにはマイコプラズマ、細菌、クラミジアによる感染もあります。


通常は比較的軽い症状で経過し、1〜2週刊程度で回復します。
しかし、かぜは万病のもと、軽く考えずに早めに対処しましょう。
治療としては、自然治療を待つことを基本とし、症状を和らげる対処療法を行います。
また、高齢者、子供、免疫力や抵抗力の弱った人、心疾患、慢性呼吸器疾患、糖尿病などの基礎疾患のもっている人は、かぜの症状が長引くと、二次感染を起こす可能性があり、肺炎、急性副鼻腔炎、咽頭炎、急性中耳炎、可能性扁桃炎などを起こし重症化しやすいので注意が必要です。


かぜの対処法
ひき始めの処置が大切
 一.栄養をしっかりとり、体力を養う
 一.睡眠を十分にとる
 一.水分を十分にとる
  (電解質が失われるため、スポーツドリンク、イオン飲料などがよい)
 一.食事は温かくて、消化のよいものを食べる
 一.体力を消耗するので入浴は控える
 一.汗をかいたら着替えをこまめにする
 一.早めに薬を服用する
 一.部屋の温度(20〜25℃)や湿度(50〜60%)を適度に保つ
  (気温が低いと、病原体に対する防御力が低下し、乾燥条件下でウイルスが
   増殖するため)


予防
かぜにかからないようにすることが重要
 一.人ごみへの外出はさける。マスクをする。
 一.外出先からもどったら、手洗い、うがいをする
 一.十分な睡眠と栄養をとる
 一.ストレスや過労をさける
 一.部屋の温度(20〜25℃)や湿度(50〜60%)を適度に保つ
腸の汚れが老化を早める!!
腸の汚れが老化を早める!!よく快食・快眠・快便が健康のバロメーターとして使われます。
でも快食・快眠は何となく分かりますが、快便って?毎日お通じがあること?快便とは一言でいえば、バナナ大で2〜3本分の(50p)のうんちがでる事です。
そして快便には、5つの条件があります。
それは、便の色・臭い・量・硬さ・形の条件がそろっていることです。


快便5つの条件!
@便性 A快便 B快便とは言えない便…
@便の色 A黄色っぽい B黒っぽい
@便の臭い Aほとんど匂わない B臭い(オナラを含めて)
@便の量 Aバナナ大で2〜3本 B少ない
@便の硬さ A硬からず柔らからず B硬すぎまたは柔らかすぎ
@便の形 Aバナナ状 Bカチコチ・泥状・コロコロ便または水状


快便の項目をいくつクリアしましたか?
1つでもクリアできない項目があれば、腸の老化が始まっているという便からのイエローサインです。
便秘を始め便の調子のよくない方、お気軽にご相談下さい。
気をつけよう!熱中症!
気をつけよう!熱中症!今年の夏も熱中症対策を!
暑い日が続く季節です。
こんなときに気をつけなければいけないのが「熱中症」です。
熱中症は、暑い中で仕事や運動をしている時に、周りの温度に体が対応する事ができず。

体内の温度調節機構のバランスが崩れ全身の臓器の機能不全が起こったりする体の不調です。
最悪の場合は死に至ることもあります。

熱中症の信号を見逃すな!
1、初期の症状はめまい・失神など「立ちくらみ」や筋肉の「こむら返り」大量の汗などです。
2、中期の症状は「熱疲労」といわれる頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感などです。
3、後期の症状は意識障害・けいれん・手足の運動障害・高体温など。

熱中症は予防が大切!
●できるだけ外出は避ける。外出時は日陰を選んで歩いたり、
帽子をかぶる。
●エアコンをうまく利用する…ただし冷やし過ぎに注意!
●こまめに水分と塩分を補給する…0.2%程度の食塩水やスポーツ飲料がおすすめ 。
とくに年配の方は体温調節機能も低下していますのでより注意が必要。

夏バテや熱中症予防にいい漢方薬もありますので、お気軽にご相談ください。
脇の汗や臭いでお悩みの方必見!
脇の汗や臭いでお悩みの方必見!臭いや汗の原因をしっかり抑え、長時間、体臭を消臭したいという方におすすめ♪
今までのオドジェルミンは主成分である「塩化アルミニウム」が、7%配合されていましたが、今回のオドジェルミンL130は、13%と、多く配合されていますのでさらに「汗を抑える効果」「臭いを抑える効果」が期待できます。
●ワキガ、汗の臭いでお困りの方
●汗の多い方(多汗症)
●加齢臭が気になる方
●足の臭いが気になる方
●手の汗が気になる方
●脇の汗ジミが気になる方

ぜひ一度お試しください。

オドジェルミンL130 60ml
価格:2100円

オドジェルミンL130 60ml×2本
価格:4200円

オドジェルミンL130 60ml×3本
価格:5800円

オドジェルミンL130 60ml×10本
価格:18900円
梅雨になると現われる 「ひざ」のトラブル
梅雨になると現われる 「ひざ」のトラブル どうして??
四季の変化が大きい日本では、特に梅雨の入り始めに注意が必要です。
ある調査では、気圧が下がり、湿度が上がる環境で、ひざなどの関節の痛みの症状が悪化することがわかっています。

原因として、雨が降る気圧の低い状態になると、炎症に関わる物質である『ヒスタミン』が増加することが挙げられています。
『ヒスタミン』には、交感神経を刺激する作用もあるため、痛みを感じやすくなってしまうのです。

結果として、気圧が不安定な梅雨に、ひざ痛、腰痛や関節の痛み、頭痛、そして肩こりの悪化、体のだるさなどに悩まされることが多くなると考えられます。

梅雨時期の「痛み」の対策は?
★湿気をこもらせない環境づくり
風通しを良くする、通気性・吸湿性の良い服装をするなど

★関節を支える筋肉を今よりつける
ストレッチや関節の曲げ伸ばしなど軽い運動でもOK

★血流を良くして体温を上げる
入浴やマッサージなど毎日の習慣で

★免疫細胞の乱れを改善
リウマチや変形性関節炎のような自己免疫疾患には、免疫細胞のスイッチの切替が必要

★軟骨に栄養を与えて補充
骨・軟骨・筋肉・血流・免疫、すべての細胞を作るのに必要なのは『アミノ酸』です!
梅雨に入る前に今から「ひざ痛」対策をお気軽にご相談ください。
五月病!?
五月病!?もしも5月病になったら、頑張った自分をほめてあげよう♪
学生は5月病、社会人は6月病!?
大学に入りたての学生がかかる「5月病」は有名ですが、ところが最近は、新社会人もストレスで同じ症状に…
新入社員研修が終る6月頃になるので「6月病」と呼ばれます。
どちらも周囲の環境の変化に一生懸命対応しようとして疲れてしまった体と、心が示してくれるサインです!
症状は様々……ほっておくと「うつ病」?

身体に表れる症状
●なぜか疲れる・食欲がない
●起きられない・寝つけない
●めまい・動悸
●頭痛・腹痛・便秘

心に表れる症状
●やる気がない・落ち込む
●焦り・イライラ
●なにもかも面倒になる
●判断力がなくて戸惑う

5月病、6月病はマジメで几帳面、内向的な性格の人がかかりやすいものです。
ただ問題は長引くと「うつ病」へ移行することもある点です。
あなどらずに十分なケアをしましょう。
「かかったかな?」と思ったらよい漢方薬もありますのでお気軽にご相談ください。
夜中によく、足がつることありませんか?
夜中によく、足がつることありませんか?夜、寝ているときに足をのばすと、激痛が…
20代のころは、こんなことなかったのに。足のつり「こむら返り」とは、「ふくらはぎ」や「足の裏」などの筋肉が激しくつって
痛む状態のことです。
夜、寝ているときに足をのばしたり、ゴルフや水泳などの運動をしているときいに起こりやすいようです。
「こむら返り」はお年寄りや運動不足の人に多く見られ、一度起こすと、くせになって簡単に起こるようになってしまいます。

「こむら返り」の原因は?
●主にカルシウムとマグネシウムのアンバランス……偏食、発汗、下痢など
●下半身の血行不良……冷え、とくに夜間は足が冷えやすい
●足の筋肉の疲れ……長時間の立ち仕事、激しい運動
●ビタミンB1の不足……食生活の乱れ、深酒をよくする

「こむら返り」の予防は?
●カルシウム、マグネシウムをバランスよく補給、ビタミンB1の補給
●適度の水分の補給……汗をかいたとき・夜、寝る前にコップ1杯の水を飲む
●ウオーキングなどの運動で足の筋肉を鍛えるなどです。
足のつりやすい方、一度、ご相談ください。
ロコモティブシンドロームとは?
ロコモティブシンドロームとは?高齢化社会に伴い、介護を必要とする人や寝たきりになる人が増加しています。
このような背景には、関節の痛みや転倒などによる骨折が大きく関係しています。
ロコモティブシンドローム(運動器症候群)が注目されています。
ロコモティブシンドロームとは、骨、関節。筋肉の運動器の障害により介護が必要となる可能性が高い状態になることを指します。
ロコモティブシンドロームでも「骨粗しょう症」、「変形性膝関節症」、「脊柱管狭窄症」が起こっていることが示唆されています。
また、70歳以上では、95%以上の人がロコモティブシンドロームに該当するとの報告もあります。
ロコモティブシンドロームにみられる症状は、高齢者だけでなく、早い人では40歳代から現われることもあります。早い段階からチエック(5つのロコチエック)を行い、状態を確かめてみることがポイントです。 また、疑いがある場合は医療機関を受診してみましょう。
さらに予防をするために、それぞれの状態に合わせた運動(ロコモーショントレーニング)を日常生活に取り入れるようにしましょう。

★5つのロコチェック★
1、片足立ちで靴下がはけない
2、家の中でつまずいたり、滑ったりする
3、階段を上がるのに手すりが必要である
4、横断歩道を青信号で渡りきれない
5、15分くらい続けて歩けない


1つでも当てはまれば
ロコモティブシンドローム!?
バランス能力低下、筋力低下が生じています。

「ロコトレ:ロコモーショントレーニング」
○片脚立ち
床につかない程度に片足をあげます。左右1分間ずつ1日3回行います。
※転倒しないようにつかまるものがある場所で行うことが重要です。
※支えが必要な人は、両手を机について行いましょう。

おすすめしたいもの
●キヨーレオピンキャプレット
体のつかれをとり、血行を良くすることによって骨や筋肉の弱りを防いでくれます。
●ラクッション
膝などの関節軟骨に必要な栄養分がたっぷり入っていて関節軟骨のすり減り予防や修復することにより痛みをラクにしてくれます。 
しもやけ
しもやけ「しもやけ」の正式な病名は「凍瘡」。
手や足、耳などの毛細血管の血液の循環が悪くなり生じる炎症のことで、寒い時期に発症して、暖かくなると治ります。

どんな症状?
最初は、赤く腫れて、かゆみを伴います。
ひどくなると、ソーセージのように指全体が腫れ上がります。
冷えていた手足をストーブやお湯で急に温めると、しびれ感と一緒に、かなり強いかゆみに襲われます。

どうしてかかるの?
寒い季節の、1日の気温の変動が10℃前後あると起こります。
冷えた状態の中で、手足の先などにある毛細血管が、収縮と拡張を繰り返しうっ血します。
さらに、寒さのために血管が麻痺して、広がったまま収縮できない結果、血液がそこにたまって赤く腫れるのです。

予防のしかたは?
・寒い日に外出するときは、手袋や帽子、耳当てなどをつける。
・冷たい水などに長時間つけておかないこと。
・バランスのよい食事を心がけること。

治療のしかたは?
・かゆみのある部分を掻き崩さないこと。
・お風呂は、ゆっくり時間をかけて温めてください。
・栄養の補給を心がけましょう。
・急に温めるとかゆみが強なるので、ゆっくり温めましょう。
・ビタミンEの飲み薬が有効です。

おすすめアイテム
トコベール300E
ビタミンEの中でも活性のすぐれている天然のビタミンE配合。しもやけなどの「抹消血行障害、更年期、月経不順(生理不順)、冷え性におすすめです。
ピンクの日はお休みです。
店舗、商品の発送、メールの返信などの業務は休業となります。
ピンクの日に商品を発送いたします。

宮下薬局ホームページ:岐阜県岐阜市六条南1-17-17