ピアベルピア:こだわり3「弱アルカリ性の石けんに秘めた思い」〜宮下薬局

〒500-8358 岐阜県岐阜市六条南1-17-17
電話:058-268-1118
ピアベルピア:こだわりその1 ピアベルピア:こだわりその1
弱アルカリ性石けんでの洗顔には、美肌になれる秘密が隠されています。
どんなメリットがあるのか?
弱アルカリ性ならではの良さを、ここで確認してください。
ピアベルピア:こだわりその2
ピアベルピア:こだわりその3
ピアベルピア:こだわりその4
ピアベルピアが弱アルカリ性の洗顔にこだわる理由
 「美人の湯」といわれる温泉の多くは弱アルカリ性です。
肌表面の角質層を柔らかくして、老化角片(古い角質であるアカ)をやさしく取り除き、肌のくすみ除去を助けます。
ピアベルピア 私たちの肌は、約28日周期で生まれ変わるターンオーバーという新陳代謝機能を持っています。
肌の奥の基底層で生まれた細胞は約28日間という時を経て皮膚表面まで押し上げられ、アカとして落ちていきます。
皮膚の一番外側の、外気に触れる角質層はケラチンというたんぱく質で構成されていて、pH5前後(弱酸性)のときに一番強固にくっついています。
このように、弱酸性の時に一番強固についている角質層ですが、弱アルカリ性に傾くと角質層表面の老化角片(アカ)が柔らかくなり剥れやすく、また剥れたあともなめらかな状態になります。
さらに、皮膚表面の汚れといっしょに古くなった角片を定期的に取り除いていくことは、透明感のある肌づくりには欠かせません。
ただ、1つだけ我慢して欲しいことがあります。
洗うことによってシミのまわりの皮膚の透明感が増していけば、シミそのものが薄くなってきても、前より目立ちやすくなります。
つまり、一時的にシミが濃くなったように感じるケースがあるということです。
そして使う洗顔料について。
弱酸性洗浄剤は、そのものが肌に及ぼす刺激というものは比較的少ないのですが、弱酸性のままでは、老化角片(アカ)もしっかりついていて落としにくくなります。
時と場合によっては、さまざまな肌トラブルの原因にもなりかねません。
ピアベルピア 化粧品
弱アルカリ性石けんで洗顔しても大丈夫?
ピアベルピア スキンケア 肌はもともと弱酸性ですが、ご安心ください。
弱アルカリ性石けんで洗顔しても、洗顔後よくすすげば中性のpH7.2くらいまですぐに戻り、その後自然に元の弱酸性に戻っていきます。
これが、ピアベルピアの肌が本来持っている自然の力「アルカリ中和能」。
普通の肌質であれば、弱アルカリ性石けんの方が好ましいと言えます。
素肌が自ら美しくなろうとする力を最も大切に考えるピアベルピアだからこそ、弱アルカリ性の石けんにこだわりました。
ピアベルピア特集
ピアベルピアREシリーズ ピアベルピアQシリーズ
ピアベルピア商品カテゴリー
ピアベルピア化粧品
ピンクの日はお休みです。
店舗、商品の発送、メールの返信などの業務は休業となります。
ピンクの日に商品を発送いたします。

ピアベルピア 化粧品